excitemusic

遅咲き狂い咲き。乱れて咲いても花は花。そんなゲイ的日常
by wake1
ICELANDia
おてんば日記へようこそ。
当ブログは爛れたヲカマの性ライフと、日常がしれっと書き連ねてあります。ホントにそれだけなんです・・・・・・。

♂♀ジェンダーフリーです。コメント、LINKもお気軽に!!

メッセージは・・・・・・exciteのメールが機能してないので、「鍵コメ」に連絡先入れてくださるか、ネームカード経由で頂けると嬉しいデス。


カテゴリ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

性犯罪についてかんがえる(2)

アコさんが、前の記事で言い忘れた事を指摘してくださってるんで続きです。
「アタマ」が覚えている、その頭が識ってる快感=「記憶」の強烈さが問題という

そうなんですよ。
これ忘れてたけど、昔の中国の宦官は玉とサオを全部取ってるのにやっぱり性欲があったのです。

もっと一般知名度が高いエピソードとしては(性欲の話ではないが)
あの「みつを」さんが、事故の直後、実際の足の感覚はすでになくなり、脳に伝達されるわけがないにもかかわらず、「足の位置がヘンだ」とか「苦しい」とか、脳の中に突如うまれた幻影に苦しめられた・・・という内容が教科書に載ってたのを思い出した。

個人的には、性衝動をカット → 性衝動に不随してる、いろいろな問題もカット → 安静と考えてたのだが、化学療法はアコさんのレポを読んで勉強すると
「性衝動がなくなれば、それで大体治まる(程度の)レベルの人」でないかぎり、(あまり)有益ではないのかもしれない。性衝動自体は(原理的には)なくても、脳が故障してる場合は、効果がすくないのですね。


つまり脳の障害がひどく、困ったことをしでかす確率の高い人は、性欲はなくなっても、やっぱり
「みつを」さんみたいに、不具合を感じ、それを解消するために・・・・・・という事になるのか。

こうなると「一般生活」を送らせているというタテマエをおきながら、
実は24時間監視下においている・・・・・・という、「トゥルーマンショー」みたいな手段しか問題を「解決」する方法はないのだろうか?
どう思います?
化学的去勢は、ロボトミー手術の第二弾みたいなことにつながってしまうのだろうか。※人権問題だけでなく、時に別の角度から、反社会性を強める傾向もつよし。

あと、月並みなまとめですが、子どもを持つということの重大な意味について、
ちゃんと考えられる人が親になって欲しい、ということしか言えませんです。


_______________________


洋画の連続殺人鬼モノは映画でも小説でも
大抵、幼児の虐待シーンをいれて、
「この人がこうなったのは、こういうせいなのよ」という話しをします。

ひどい虐待を受けていると、心の問題うんぬんを超えてしまって、
脳の機能が壊れてしまったまま、オトナになってしまうのだと。

つまり、これを見て、世界中の人が
「なるほど」と自然にナットクさせられてるということは、
メリケンでは、そういうシリアスに困った君や困ったちゃんが
量産されているという前提があるのですね(闇は深い

ちなみにあのハンニバルさんでさえ、ハカセは幼年期の戦争がらみの酷いトラウマで・・・
という「説明」が「ハンニバル・ライジング」でついにハッキリなされてしまいました。
[PR]
by wake1 | 2007-04-26 22:01 | ライフスタイル

性犯罪についてかんがえる

昔、大抵の国でヲ カ マ はりっぱな性犯罪で、逮捕されて人生が狂う人も多数でした。
今ではかろうじて逮捕はされない国もおおいですが、それでも人生が狂う人の数は、あまり減ってないと思います(ここに約1名実例ありwww)

人の趣味的性生活を裁くことはできないわけなんですが、社会的に見て、有害な性衝動は現実的に存在します。また、その手の傾向がある人は犯罪者となりうる、という恐ろしい現実があります。

これを防ぐにはどうしたらいいのか。

時代と国がちがえば、立派な性犯罪者のわたくしとしては、少し考えずにはいられませんでした。

この前、40名がいる車両(のトイレ)で、女性がレイプされるという恐ろしい事件が起きてわたくしも驚きました。

個人的にレイプはココロを殺す行為だと思うので、準・殺人罪に相当するとは思うのですが、今回のようなあからさまな強姦はともかく、「強姦」と「和姦」の間を客観的にどう判断したらよいかが難しいケースも多いため、なかなか現実的な法的対応が取れていないようです。

電車DE痴漢の延長線上に今回のレイプは存在したようにも思うのですが、現実問題とすれば、痴漢といえば冤罪の宝庫であったりもするわけですし・・・。

また、性犯罪系統は公表すると、それに刺激されて、アブナイ人がそれをますますやりたくなっちゃうという怖い側面があります。かといって報道しないわけにもいかんし。
ここで考えて欲しいのは

・子どもが性対象

・性対象のココロやカラダを傷つける行為(各種レイプ

などという、社会的に有害な性衝動を持って生まれてしまった人はどうすればよいのか? ということです。

倫理観や理性で抑えられる場合、社会的な問題は特にないと思います。
ほかにはたとえば、子どもが性対象であったとしても、現実には興味がなく、おにいちゃんコミックの世界にしか満足出来ない人は社会的には(いちおう)安全です。蓼食う虫も好き好きってやつです。

しかし、それ以外の人は、自分の理性では止められない性衝動ゆえに犯罪者になってしまう危険性があるわけです。
アメリカにはミーガン法といって、ある一定の限度を超えた性犯罪者のプライバシーが公開されてるんですが、それさえ、抑止効果はなかったそうで(→参考:「ミーガン法にトドメをさす」

こうなれば、他人を守るのはもちろん、まず自分の身を守るために、↓みたいな「治療」を自発的に受けることができる環境を整えることは、大事じゃないか、と思うのですね・・・。

◎ノルウェーで性犯罪者に「化学的去勢」 実施

日本の法律では「生殖機能を奪うこと」という観点で、性同一性障害の治療をふくめ、難点がある場合が多いのですが。

全ての性犯罪というのは万人にある性欲という本能がらみの、衝動、いわゆる性衝動が元になっています。しかし、この性衝動は、育った環境が劣悪であればあるほど(ひどい虐待を受けたとか)歪んだ方向に向かう確率が高くなるのも事実なようです。

性衝動の前に、いわゆる法律なんて危ういもんです。理想論も意味がないでしょう。
なんかい懲役くらったところで、放免され次第にほぼ絶対に繰り返してしまうものですしね。
自発的にこういう「治療」を受けられる環境、それが大事なのだと思います。

もちろん、捕まった人には「治療」の選択の余地はあってはなりません。

b0037441_22375082.jpg


b0037441_22391114.jpg


↑ 急にかしこくなったBITCH
[PR]
by wake1 | 2007-04-25 22:23 | ゲイの目からみた世間

映像はめ込みtest

b0037441_1913020.jpg


画像クリックでジェイ様出演した回のSNL動画に飛びます。
エキサイトにははめ込みは出来ないみたいですね。

今日はなんだか顔のむくみが酷い。

SNLはこの手のエスニックジョークとかは平気なんだよね(w
[PR]
by wake1 | 2007-04-24 19:13 | ライフスタイル

闘病中

この前からずーっと闘病中であります。
ツケを一気に払ってる感じ。
胃潰瘍やらなんやら色々あって、ホントに大変。
副作用とかも出てきて腹が最近痛い。
虫歯はそういうのが終わってからでイイかな?!とか思ってる今日この頃。
人様が楽しみにしてるGWも、安静第一ですね。
憂鬱だなぁ。

最近、英語の勉強を再開しました。
病人ですが、ジェイク・ギレンホールにトキめいたからです。
ブロークバックから惹かれた、というより、
メリケンのバラエティ番組、SNLで「ブロークバック」のファンなら気に入ってもらえると思うと前置きして、ドリームガールズを熱傷じゃなくて、女装で熱唱した姿に胸を射抜かれたからです。
ジェイ様、エフィーがドリームガールズをクビになるシーンを裏声で歌いあげました(男前!)

まぁ、いくらアカデミー賞女優(ドリームズのデブ)が憎らしいからといって(ジェイ様はアカデミー・ノミニーのみ)・・・・・・こんなゴツい女みたことありません

わたくし、最前衛での死闘はすでに引退しましたが、それでも生活の大半がオトコがらみでしか動きません。
これはもう、業のうずみ火みたいなもんですね。

昔は海外で働く!とか思って、けっこう英語は勉強してたんです。
もし大学出てもなんともならなかったら、メリケンかロンドンにでも行く予定だったし。
ところが、うまいこといってしまった&ジャパニーズを専門とする仕事になっちゃってるんで、長い間、英語は放置してました。
海外旅行さえままならぬ身ということもあり、英語に対するモチベーションは下がる一方。最近では洋画もまず聞こうともせずに、字幕ばっかり見てるようになってましたな。
反省反省。

でも、まぁ、最近いろいろありまして、仕事と生活が安定したら、海外とかで表現芸術系とか勉強しなおしたいなぁ、と思うようになりました。
まぁただのドリームですけどね。

あと、ピアノの勉強も再会しました。これは楽しいですね。

闘病生活もまぁとらえ方、考えようによっては優雅なもんになる、ということですよ。
あと現実のオトコってロクでもない。
[PR]
by wake1 | 2007-04-23 23:27 | ライフスタイル

とりあえず春らしく

ブログの表面だけでもしてみました。
でもすごく読みにくくない?!
もう東京の桜も終わりですね。
今日は春のユキやらアラレやら、
どんどん降ってたみたいでいい気味さ!

自分はいろいろあって、自宅療養中。
かってに仕事も強制終了してるよ。
今日なんか、イイ面子の合コンに来てくださいね☆
みたいなこと言われてたのに、このザマさー。
自業自得ってホント。
むかしのヒトはよく言いました

男なんかこりごり。
セックスなんてもう二度としたくないってのが
本音。ゾーってする。

1週間前は悪夢だった。
2週間前は夢のように華やかに思える。
しばらくしたら今のコトをどう思い出すんだろう。
[PR]
by wake1 | 2007-04-04 18:30 | ライフスタイル