excitemusic

遅咲き狂い咲き。乱れて咲いても花は花。そんなゲイ的日常
by wake1
ICELANDia
おてんば日記へようこそ。
当ブログは爛れたヲカマの性ライフと、日常がしれっと書き連ねてあります。ホントにそれだけなんです・・・・・・。

♂♀ジェンダーフリーです。コメント、LINKもお気軽に!!

メッセージは・・・・・・exciteのメールが機能してないので、「鍵コメ」に連絡先入れてくださるか、ネームカード経由で頂けると嬉しいデス。


カテゴリ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

たわわちゃん

b0037441_2395535.jpg


これを見て一番最初に連想するのは、使用中のゴムだ。それ以外に考えられるだろうか。ゆるキャラとか言う前に、かくなる緊張した怒涛のカタチでOKなのだろうか。頭にゃ精液だめまでピン立ちしてるじゃないのよ。

しっかし、たわわちゃんは女性らしいが、マドモワゼルなのだろうか。岸恵子みたいに出戻りミスってことはないだろう。口なんかOの字で、オランダ人の奥さんのようにみうけられる。マダムじゃなかったら、まさにO嬢。

名前まで微妙で、これはすごい。
京都という街の重層的な色気にアテられきった気がするぞなもし、傾城、たわわ太夫殿。
[PR]
by wake1 | 2005-03-31 02:43 | ゲイの目からみた世間

子ども まとめ

まぁ、正直な話、わたくしがホモとわかった上で、アタシが子どもをうんだげる! というようなすごい女子および女性のオファーは、冗談コミだと両手で数え切れぬほどあった(ww

記憶がある限りでは、わたくし、まだ女子の胸もマソコも実物を見たことがないというに!

が、しかし、現在では将来、欲しい!と実感するかどうかもまだ分からない、というのが本音ですねぇ。子どもは育てるのが非常に難しいねぇ。しかし、欲しいとか作るとかそういう言葉は適切ではなく、授かるもの、というのが(どんな方法を取るにせよ)一番正しいとは思う。

しかし、子様は犬も猫も飼ったことがない人間には、ちょっと、同居するのが難しすぎるような気がしますです。ユーミンの歌みたいに「派手好きなママと忙しいパパは別の部屋にいる~」とかになっちゃって、子どもが「下着は黒でタバコは14から」とかになっちまうですー。

また10年とか、15年くらいたったら考えるかもねー…。
せめて、金魚くらい飼えるようになってから・・・と思います(w

周囲では、こっちの人含めて、子どもがほしい!という人が結構いて、そういうものか・・・と感心したりもしてます。ただし、負け犬な同業者は絶対に欲しいとは言わない。

あー、あと、今日メアドを超久々にみたら、文字化けしてるSPAMと一緒に、「初心者」ですが、みたいな人からメール来てました。結果的にムシっててごめん。わたくしのことは、あーまーりー、マネしないほうが良いですよ(w  養子もへったくれも頂けなくなりますよ? 
 
というわけで、現実感ない希望ですが、子どもがいるのなら、男子より女子のほうが良いなぁ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309976751/nuit00-22/250-5298136-8189015

↑の長編?「家族生活」のようなことを、考えておるのではないです。
知ってる人いる? 
べつに山田ないと好きっていうわけぢゃないけど。



あーそうだー。来週は色々なことの都合上で、あんまり来ないかもしれませんが、コメントなど覗けるとは思うので、よろしくお願いします。
[PR]
by wake1 | 2005-03-28 01:50 | ゲイの目からみた世間

ホリエモソ、まとめ 

ホリエモソについては、大体のところを理解していた上ならば、支持するも支持しないもどちらでも良いことに転びうる、と思う。それはどーでもいいですけど? という突き放しではない。

結局、ホリエモソが経営以外に入り込むだろう時点ではともかく、しばらくして何らかのプラスの価値を生み出しうるということは否定できないのです。彼なりライブドアの能力もハコを得れば変わるかもしれない。変わったところで、良くなるのなら、案外よかったネ、で済むし、結局、前より悪くなるのであれば、企業も視聴者も放置はしないわけだから。

今時点ではちょっとホリエモソのやってることは「好きになれない」という感覚に理由がくっついてる感じだけ、ということで。

(以下、かきたし)

ここでは、何を新経営陣が想定してるかがまるで分からないから、一回も触れなかったが「インターネット時代に既存のマスコミは必要ない=対処しきれない」という主張が、どう現実で展開されるか、ということでしょうね。まぁ、手の内を今明かすべき時の話でもないだろうし。


和田アキ子の年寄りじみた「ワカモンの声を全部に入れようという考えが気に食わない」とかいう拒絶感も、ギョウカイ側としてはあるだろうけど、それ以上に自分がハテナなのは、
「インターネット時代に既存のマスコミは必要ない=対処しきれない」というのを、今になって再度やろうとしてることですね。

これまで結構な数の試みはそうやってなされてきましたな。
インターネットで雑誌をやりましょう、とかテレビとインターネットを結んだ番組とか、そもそもインターネットの有料コンテンツなど含めてけっこう、これまでに出揃ったし、そのうちのいくつかは自分の周りで直に起こって、はっきりいうと衰退していったエピソードなんですね。「客」はあつまるんだけど、それが収益につながらないのだよ。


(書き足し、おわり)
[PR]
by wake1 | 2005-03-28 01:37 | ゲイの目からみた世間

ゲイな父親に子供ができて、その子もまたゲイだったら

アコ代さんの記事(http://www.jttk.zaq.ne.jp/sowhat/のEssayという所をご参照)を読んで、面白かった。そこで、本文に邪魔にならぬよう、ひとつだけ。反論とか言うことではもちろんないが、ゲイである自分として素直に感じること。


ゲイな父親に子供ができて、その子もまたゲイだったら、たとえば、ホモの私がですね、男に対してさえも挿入すると中折れクンでなくて、まぁ女にもアレを入れられるハイパーな男だったとしましょうよ。

女子と結婚して、ふたりにハッピーベイビーなお子様が生まれたとして、それが天晴れ日本男児だとする。しかし、思春期になったその子のベッドの下には、バディとか薔薇族(二つとも、その頃まで、存在しているかとても微妙)があったのを見つけたとしたら、どうなんでしょうね。バディとかならまだいいですが、「ジーメン」だったら、あらイヤだ…この子、ガチデブが好きなのかしら!! とか確実にショックですね。

(参照)

b0037441_4532640.jpg


ゲイというのは遺伝する要素らしいです。たぶんセックス経験の足りない人が書いてる恋愛を生物学する種類の本には、モテる遺伝子だとかなんとか。
みなさんがよく知ってる歴史を持つ家にも、ある家では、結構な率で、いわゆるゲイとかバイが生まれております。でも家は途絶えることなく、今日まで続いているのです。(女性の同性愛傾向については、まだよくわかりません)

で、そうした「事実はなかったこと」にして受け止められている。
「結婚しなかった」と呼ばれる人たちのことを詮索するのは野暮です。不倫し続けたのかもしれないし、私のお仲間かもしれない。

ちなみに、うちのオジさんはいろんなデパートのショーウィンドウ全体のデザインやってましたが、ずーーっと独身でした。その訳はオレには「何となく」分かります。

その人はたまたま長男ではありませんでしたが、長男にそういう傾向が出る場合もあるでしょう。でも子供は多くの場合、長男から生み出されました。どうしてでしょう?

なぜなら、バイでもなく、ゲイだが、女とセックスできる人はいるからです。

バイというのは女と恋愛とその延長線上でヤれる人のこと。ゲイは女とは心と体の恋愛できない人のこと。だから、セックスはできる場合がある。できなくてはならなかった、ということかもしれないが。

でも、ゲイな父親に子供ができて、その子もまたゲイだったら、やっぱ喜べないとは思う。自分の身と重ね、その子の苦労を考え、「参ったなぁ」と思うでしょう。
[PR]
by wake1 | 2005-03-26 04:44 | ゲイの目からみた世間

ホリエモソ退治だそうです。

今日は歌舞伎座に母親のご相伴で出かけたわけですが、東銀座のキオスクにでかでかとホリエ崩壊、ホリエモン退治のあおり文句がありました。スポーツ新聞の例の狼煙でございます。やっぱりマスコミにとって、ホリエモンは化け物なのでございます。

帰宅すると、acoyoさんのブログの記事とそこにコメントを述べておられる方々の色々ぶりを見ていて、あーと思いました。というわけで、えー、広い意味でのギョーカイ人としてヒトコト述べたいと思います。

しかし、まず言っておきたいのは、自分はホリエモンのことを、ほかのみな様のようには、よく存じ上げてません。フジ(と呼ぶ)についても同様です。あと、これを書いてるのは上司や部下を選べる人間で、生活者としてはたぶん生きられてない人間です。タワ言としてお受けとめください。

別に怒る人は無いと思いますが、自分が述べることは、次のとおりです。これ以上でも以下でも感慨がございません。

・ホリエのしてることは、法律の抜け道を利用して、かろうじて合法的なだけで、実質的、結果的には、フジという企業のブランド色を塗り替え、崩壊させんとする悪しきテロである。

・先人が何年もかけてきずきあげたブランド色は、企業文化であれ、悪しき側面もよい側面も持つ。しかし、それでも、会社の存在理由である大事なものだ。
それゆえに、ホリエが塗り替えようとしていることは、企業にとってはテロそのものである。

・ホリエが、現在の放送に疑問を感じるのなら、新しい局を創りだしたのであればよかった。賛同はしただろう。けれど、いかなる理由があったにせよ、いちおう経営として成り立ち、しかも現役で動いているテレビ局(など)へ、望まれてもないのに勝手に入り込んだり、乗っ取ろうとしたり、塗り替えようとするのは言語道断。

・それを支持するのは、陸軍が中国に勝手に入って言ったのに日の丸振ってるのと同じくらい愚かしいことですよ。

・ホリエが経営者になり、金も出せば口を出しても、彼の色彩だけではなく、複数の人の色彩で染まっていくことだろう。しかし、エンタティナーとしてのホリエの会社の実力は、実利的である以外の価値を(少なくても、)オレ自身に対してはもたない。

・タモリと違って自分は貧乏だが、しかし、あの会社の色彩とは合わないだろう、というのはギョウカイ人として分かる。だからそんな所で仕事などしたくない、とかそういう気持ちはよく分かる。マスコミは人のココロを扱うところ。タレントと会社の間もまたココロで結ばれていなければ、何事も動かないのはわかっているはずだ。そうして、自分が(今まで以上に)人形にさせられて作った番組は、ほんとうに誠意のあるタレントなら、視聴者に流しうるものだろうか?

・ホリエモソのテロを拒絶することが、それのどこがリスナーの無視につながるのか。タレントなど、どうせ雇われ者。いくら大物とは言え、自分の身を危険にさらしながらも、リスナーへ訴えようとしているのがなぜ、分からないのだろうか?

・さらにホリエびいきの人に対しては、本当にアナタたちは目が見えて、耳が聞こえているのか、と聞きたい。


以上ですよ。
ということで、あえて繰り返しますが、ホリエモソのやってることは、結局、どうあがいてもブランドの侵害だと思います。テレビはNHK以外どれも似たり寄ったりですが、たとえば、同じマスコミでも、エロ本作りの会社から、ハイソなファッション誌の会社にいたるまで、それぞれのカラーを誇示しています。テレビも実はかなり、こういう感じです。フジテレビももちろん、そうです。TBSとは違うでしょう?

こうした、フジのイメージやカラーが脅かされるということは、ヴィトンから例のダイアグラムが、永遠に消えるのと同じ危機なのです。シャネルのCCマークが無くなるのと同じなんですよ。

ホリエモンの会社が、前に自分の使っていたフリーのサイトのスペースを乗っ取った時、最初は個性を尊重するとかなんとか言っちゃってたくせに、やっぱり、ポップアツプのアドはすぐに停止され、たぶん、利益効率が高いのでしょうな、あのセンスの悪い、広告魂ギラギラの埋め込みバナーが入っちゃったページになってしまいました。自分はその時点から予測できたので、内容をほかのサーバーに全部移転しました。金も出せば口も出して、利益効率の車輪をぐるぐる回そうというあの人の下では、結局、「月9」なんて今のままではとうてい無くなるだろうし、フジの時代劇なんかも、もっと違ったものになるでしょう。

月9はくだらないですが、それでも、復帰第一作として月9を所望し、キムタクに蹴られるあばずれ女優がおりましたのは記憶にあたらしゅうございます。あれはブランドとしての価値なのです。マスコミの商品としての価値のひとつはもちろん、実利、そしてイメージ。この二つがあります。後者は一日では出来上がることはありません。

たぶん、実利を目した本しか売れないように、ほぼ、ノンフィクションに切り替わるのかもしれませんが、それだと新しい俳優や女優はどこで、どう育つのでしょう。そこまで誰も切り替えるなんて言ってないですけど、そんなの、あの人ならやりかねないことだと思うのです。自分は、あの人には不信感マンマンです。もうすこし、スマートで知的な人ならもう少し世論も違うのでは、という意見をどこぞで見ましたが、確かにそのとおり。
あいつは胡散臭すぎる。着ている服が嫌いだ。表情の作り方も嫌い。
やり口も嫌い。テレビにでて、公明正大と自分の正義を釈明しろ。

自分が経営者で利益を目指すのであれば、似たようなことは考えたかもしれないが、実際にあいつのやってるのを見るとウンザリする。あれでは彼は盗人というか、テロリストです。もうすこしほかにやり方もあるだろう。

調子に乗って言いますが、彼を支持している人というのは、たぶん、自分より給料が高かったり、社会的地位が高そうで、子供の私立受験に有利な父母である、フジの社員をうらやみ、嫌悪しているだけなんではないですかね。
お前らばっかりラクさせないぞ、と。
週刊誌が、公務員とか官僚に噛み付くのと同じ理由ですね。

まぁ、ご存知でしょうが、テレビは24時間仕事です。残業が多くて多くて多くて、家に週1,2回しか帰れない女子がたくさんいる世界ですよ。そんなこんなで給料が高いっていうだけなんです。ギョーカイのオレがスタッフになって手伝ってくれませんか~といわれてる部署の正規社員は、なんとン万倍の倍率を潜り抜けてきた人ばっかだったりします。

そういうのが生理的にイヤなんでしょう。なんとなくですが、うらやましくて、うとましいのでしょう?大衆とは隔絶されたエリート批判のおつもりなんでしょうが、隔絶されてる、と感じてるのは多分違うと思いますよ。義憤とかいってるけど、けっきょく生理的に「エライ人」がイヤなんでしょう。

でも、そういうエライ彼らの人生って高いハードルの連続で、しかも、ほぼ報われないんですよ。
自分の胸になんか穴ぼこが空いても、それに言い訳ができる人しか、入れない世界だと思います。試験に落ちた人は、本当は幸せだったのかもしれないです。

フジもライブドアもメクソハナクソとどこかに書いてありましたが、まぁ、実際そのとおりで、フジの番組のスタイルが完全だとは、まったく言いません。だからこそ、ホリエモンが乗っ取り/塗り替えをたくらむのではなく、もうひとつの民放を創るんであれば、積極的に関心を示せたと思います。

テレビをはじめ、マスコミを作りあげるのは一人ではありません。
ホリエモンが主導権を握ったところで、彼の色彩がすべてを覆い尽くすことはないでしょう。しかし、複数の人間で構成されてるライブドアなり楽天なりの色彩を(利用してますが)オレは好きになれていません。あそことはあんまり仕事したくない。自分はタモリと違って貧乏ですが、それくらいのことは思います。

そう思わせる会社なのです。人を見下げたようなエンタメしか作れないあの会社を好かない。こっちの世界で仕事している人なら、ある種の危機感は感じられるはずです。あんな会社が入るのなら、フジはもう無くなったほうがいい。そう思います。

じゃー孫(ソン)ならどうか、という話ですが、ソンはもっと知りませんので、なんとも申し上げられません。ソンもビジュアルが嫌いですが。しかし、ほかならぬホリエが今、やってることは、革命でもなんでもないし、ただの盗人行為であることは事実ですよ。フジが持ち返したとはいえ、ちゃんとがんばって、もうこういうことが起きないように、まず内容をしっかりさせることですね。
やっぱ、視聴者の意見がズレて伝わっている、ということはどこに言ってもいえることですな。モードとか化粧品の会社でも同じ。テレビ局、出版社でも同じ。こっちが、いくら正しいこといっても、向こうが理解したくないと思えば、結局、何も変わらない。

気に入らないのであれば、具体的な難点を、放送部や出版社に電話やメールとかより、ハガキや封書の形で、送ってください。案外ちゃんと見てますよ。怒ったりはしません。凹むみたいだけど。

にちゃんねるに書いたり、ブログに書いても、製作陣は結構見てないです。ホリエに加担して自分も正義の味方のひとりとか思うのはおやめになってください。


以上、うんこがにおわない男より。
[PR]
by wake1 | 2005-03-26 02:18 | ゲイの目からみた世間

性教育を問う。

モトねたはこちら。http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1042309/detail

これについてはイロイロ思うんですが、バッカみたいなことでみんな、本気になってるんだね。

教育機材の中に牛乳入れて射精の実習とかやるって冗談でしょ、アハハ。
ザーメンも溜まってると濃くなって飛ばないんですよ。興奮してないときでもビューって飛ぶ場合もあるし、してても飛ばない時もある。あれって尿道を狭めるコツさえつかめば、まぁ、飛びますけどね。どこらへん「すぼめる」か知りたい人は、コメントしてくれたら教えます(w

あと、騎乗位が教科書に載っているのも、「ゲンダイ」の人は問題視しているようだが、「正常位」なんて、英語だとタダの「宣教師の体位」だよ。

・・・とか知識の披露がしたいわけではなく。
性教育事態の方向違いのエスカレートぶりが、オレには気に食わんのだ。
「教育」ってそもそも公明正大な場で、上から下にむかって行われるコミュニケーションの別称。そういう形態のコミュニケーションとセックス(および、第二次性徴)の本質ってかなり異なるものじゃないの? 少なくともそう、オレは思います。そんな「教育」受けたら、よけいに「飛ばないオレっておかしいのではないか」とか「うちの彼氏は変だ」とか思う子供を育てる結果がくるんじゃないの? 

さらに、東京の私立小学校の教師が、教室全体で連呼していたという「はい、みんな一緒に~セックス! セックス!」って何だろうなぁ。
「みんな」とセックスするのは発展場だけだってばよ!
それも爛れたホモだけよ!
オテムバ君さえ経験がないのよ!

ドッヂボールとセックス、いっしょにするな。
たしかにセックスやると子供生まれますが、セックス=いのち とかそういう発想はよくないと思うな。セックスは生殖行為であると同時に、コミュニケーションの道具であり、ときどき文化的な確認でもありますね。あと暇つぶしだったり。暇つぶしと「いのち」なんて何の関係性もへったくれもなくてよ。
それに、そもそも、愛してるから挿入するってのも正しいが間違ってる。挿入なければ愛がないと感じる人が出てくるでしょ。セックスレス=ラブレスとも一概にはいえないと俺は思います。子供のまむこに、いくら相手が小中学生の男子であったとはいえ、愛してるからとブスブス挿入すると機能に問題がでるぞ。オトナがやるのは論外。
しりの穴だって、いくら使っても痔にならないのは、ジルベール・コクトーくらいのものだぞ。子供はエッチしたらだめっていうけど、確かに最近の子は気持ちがまず早熟。いろいろ方法はあると思うし、それくらい考えられるようになってほしいとは思うんだわ。でも、へんな性教育うけるとそれができなくなるんだよ。
そもそも、あんたらの言う「愛」とか「いのち」って、ヤケにヒラべったい言葉だなぁ、ヲイ。

オレに賛成のひとも反対のひともいるでしょうが、そもそもこういう議論は、オトナになったからできるのであって、だからこそ、子供に押し付けるべきものではないと思うんだわ。

オレが思うに、大事なのは、自分で子供が、正しい情報とセックスに対する幻想を自分であやしいとか、これは正しそうだ、と考えながら選択できる環境です。教室にそういう場はあまりないと思うんだよね。教室には男の子と女の子が(だいたい)いるとされてるけど、女がいてもホモは女とはやりませんからね。

子供ひとりひとりで考えることは違うわけだし。
だから、論壇から教えるなんてのはもってのほか。

そもそも、身体に毛が生えたとか、声が変になってきたとか、よく分からない部分が変化してきたとか、そういう「成長」の名前の下に、「喪失」がおきてる子供のデリケートな気持ちを踏みにじりがちだと思う。男子でも、声が変わるのは歯が抜けるのと同じくらい、気持ち悪いもんだったぞよ。

さらに女子だって、毎月大変になるが、男子も変に勃起したり困るんだぞ~。
ちなみにオテムバ君は精通前から、イクって知ってたけどね(w
汁が出たら、厄介なものが出るようになったと思った。汚れるし。

そもそも、たぶん教師自身がセックス・コンプレックスだから、子供に連呼とかさせるんだろう。
そういう人間にかぎって、恥はかき捨て的な玉砕作戦に出る。連呼って教育勅語みたいじゃん。

こうしたデリカシーのなさが、よけいに性的弱者を育てる結果をもたらすんだ。「やっぱ怪しいな、性は。あんま自分と関係ないものにしておこう」という認識がつくと、自分のも他人の性的な一面を無視してしまう生き方になるのは目に見えてる。

ってか、オテムバ本人も、あんま、ギャーギャーはしゃぐ同級生のアホ男子のノリがわかんなくて、無視してるうちにチンチンが伸びて、同時に皮まで伸び伸びしてしまったわ!(w

あぁ、こういうこと平気書く私ってイヤ・・・。デリカシィって何。

でも、それゆえにさー、一部の男子ほどエロに対して、いろんな理由で積極的になれない女子の気持ちはわかるのだよ。女子は痛みとともにいろいろやってくる場合が多いと聞きます。だから、よけいに、自分と隔絶したものとして性のことを考えてしまうのではないかしらんね。

性っても、セックスの側面もあれば、男性/女性としての外見を形作る側面もあるので、いわゆる性同一性障害ではない形で、むやみな拒絶感を持つ子供が増えるのはよくない。積極的にはなれなくてもいいけど、自分のカタチも知らないままでオトナになるのはよくないな。いうまでもなく。

繰り返すけど、男子でもジェンダーが不安定な子供ももちろんいるだろうし、さっき述べたように女子の場合は、普通でさえ、「変身」の具合が自我の発達にときどき副えない位に大きいと思うから、こういうことおおっぴらにやるほどに、嫌悪感を持ってしまいがちなことくらい、わかるだろう。

ただでさえ、自分が女子であることが、(性同一性障害とは別の意味ではあるが)イヤになったりとかくしがちな時期に、それはないだろう、と思ったよ。バカも休み休みにやれ。

「はい、みんな一緒に~セックス! セックス!」。私立に入れてまでこういうこと、教えられたらタマらんな。この教師は『いのちの授業』と主張し謝罪しませんでしたっていうが、こいつも凄い。こいつは例外なく下手糞だと思う。カミングアウト大バカ。下手糞の見本。こういうのがいなくなるまで、セックスについてまともに考えられる青少年の数は増えないと思うぞ。生殖としてのセックスとコミュニケーションとしてのセックスも別もので、これもちゃんと考えていける子にせねば。それにはまず自分で自分のことを考えさせることだ。他人が、それも教師がおおぴらに介入すべき問題ではありえない。

必要なのは、とりあえず、自分で情報源を選択できる環境作りだと思うんだわ。

大事な知識のほかに、実践編として、「こそこそ」読めて、ここまでは現実。ここまではファンタジー、とある程度、分かる本がますます必要だと思う。 最近の子は心と体の発育はいくら早いとはいえ、大人とセックスするのは発育上、やめたほうがよい。幾ら子供同士とはいえ、挿入が「本当」のセックスで、セックスが愛だとか思いこませるのも、あまり良くないと思う。ホモはどうなる。アナルセックス基地外がふえたらオテムバが困るだろう。

「本当」のセックスなんて、それ自体が存在しないのだよ。
[PR]
by wake1 | 2005-03-23 04:29 | ゲイの目からみた世間

ケムちゃんからおたより

ケムちゃんから、実家のお正月の様子をしらせるメールが、なぜか今日きていました(w
せめてひな祭りにしてほしかった。

それにしてもなー。
今やらないとダメな仕事があるのだ。指3本くらい。
でも、締め切りがあまりタイトじゃないということにかまけて、どうもテンションがあげられないでいるんだな、これが。

昼飯のカレーが胃にやや、もたれてる。雨も降っている。うちのウサギはあいかわらずムニャムニャしかいわない。ヘッドフォンで、モーツァルトのピアノソナタを聴いている。創造力につながらんぞ!
[PR]
by wake1 | 2005-03-22 18:13

夜のマグロ

これはオレみたいに、昼間はサディスティック、夜はマグロというバリネコな人間に限ったことかもしれませんが、

・セックス相手として、好もしい男とは、M・6割、S・3割、そのほか1割 (なんぢゃそれ

※逆説的かもしれないが、マグロにとっては、Mの度合いが高い相手のほうが上手く御せる。
※自分を攻め系だと思ってるやつとは絶対にカラダ、合わない。
っていうか、攻め系でセックスが上手いやつなんていない。

※バリネコとも絶対カラダ合わない。


また、

・フェラチオに自信があるといっている男は、ただの独りよがりで、
実質的には全員へたくそだから除外すべし (もちろん、オレさまを除く

・処理させるのではなく、相互交通のセックスがしたい時も出てきた。

・先汁が出ない男が、淫乱になれる第一条件。

・(キス嫌いにもかかわらず)キスしたい相手と男前度は、微妙に比例しない

・年下も扱い次第によっては悪くない。

・年上で自分が一番かわいいタイプには近づくな。


ということにも気づきました。
オテムバさまの歩みのコーナーでした。
[PR]
by wake1 | 2005-03-15 05:41 | ライフスタイル