excitemusic

遅咲き狂い咲き。乱れて咲いても花は花。そんなゲイ的日常
by wake1
ICELANDia
おてんば日記へようこそ。
当ブログは爛れたヲカマの性ライフと、日常がしれっと書き連ねてあります。ホントにそれだけなんです・・・・・・。

♂♀ジェンダーフリーです。コメント、LINKもお気軽に!!

メッセージは・・・・・・exciteのメールが機能してないので、「鍵コメ」に連絡先入れてくださるか、ネームカード経由で頂けると嬉しいデス。


カテゴリ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ゲイの目からみた世間( 58 )

性犯罪についてかんがえる

昔、大抵の国でヲ カ マ はりっぱな性犯罪で、逮捕されて人生が狂う人も多数でした。
今ではかろうじて逮捕はされない国もおおいですが、それでも人生が狂う人の数は、あまり減ってないと思います(ここに約1名実例ありwww)

人の趣味的性生活を裁くことはできないわけなんですが、社会的に見て、有害な性衝動は現実的に存在します。また、その手の傾向がある人は犯罪者となりうる、という恐ろしい現実があります。

これを防ぐにはどうしたらいいのか。

時代と国がちがえば、立派な性犯罪者のわたくしとしては、少し考えずにはいられませんでした。

この前、40名がいる車両(のトイレ)で、女性がレイプされるという恐ろしい事件が起きてわたくしも驚きました。

個人的にレイプはココロを殺す行為だと思うので、準・殺人罪に相当するとは思うのですが、今回のようなあからさまな強姦はともかく、「強姦」と「和姦」の間を客観的にどう判断したらよいかが難しいケースも多いため、なかなか現実的な法的対応が取れていないようです。

電車DE痴漢の延長線上に今回のレイプは存在したようにも思うのですが、現実問題とすれば、痴漢といえば冤罪の宝庫であったりもするわけですし・・・。

また、性犯罪系統は公表すると、それに刺激されて、アブナイ人がそれをますますやりたくなっちゃうという怖い側面があります。かといって報道しないわけにもいかんし。
ここで考えて欲しいのは

・子どもが性対象

・性対象のココロやカラダを傷つける行為(各種レイプ

などという、社会的に有害な性衝動を持って生まれてしまった人はどうすればよいのか? ということです。

倫理観や理性で抑えられる場合、社会的な問題は特にないと思います。
ほかにはたとえば、子どもが性対象であったとしても、現実には興味がなく、おにいちゃんコミックの世界にしか満足出来ない人は社会的には(いちおう)安全です。蓼食う虫も好き好きってやつです。

しかし、それ以外の人は、自分の理性では止められない性衝動ゆえに犯罪者になってしまう危険性があるわけです。
アメリカにはミーガン法といって、ある一定の限度を超えた性犯罪者のプライバシーが公開されてるんですが、それさえ、抑止効果はなかったそうで(→参考:「ミーガン法にトドメをさす」

こうなれば、他人を守るのはもちろん、まず自分の身を守るために、↓みたいな「治療」を自発的に受けることができる環境を整えることは、大事じゃないか、と思うのですね・・・。

◎ノルウェーで性犯罪者に「化学的去勢」 実施

日本の法律では「生殖機能を奪うこと」という観点で、性同一性障害の治療をふくめ、難点がある場合が多いのですが。

全ての性犯罪というのは万人にある性欲という本能がらみの、衝動、いわゆる性衝動が元になっています。しかし、この性衝動は、育った環境が劣悪であればあるほど(ひどい虐待を受けたとか)歪んだ方向に向かう確率が高くなるのも事実なようです。

性衝動の前に、いわゆる法律なんて危ういもんです。理想論も意味がないでしょう。
なんかい懲役くらったところで、放免され次第にほぼ絶対に繰り返してしまうものですしね。
自発的にこういう「治療」を受けられる環境、それが大事なのだと思います。

もちろん、捕まった人には「治療」の選択の余地はあってはなりません。

b0037441_22375082.jpg


b0037441_22391114.jpg


↑ 急にかしこくなったBITCH
[PR]
by wake1 | 2007-04-25 22:23 | ゲイの目からみた世間

お見舞い

今日、知人が入院している病院まで行ってきました。

元気そうでよかったです(ヲイ

今回は検査入院みたいです。

はじめて、彼がやっかいな内臓の病気を持ってることに
気づきました。病人さんにがんばれ!とかいうのはいかんのですが、
やっぱり心の中ではくじけないでほしい、がんばってほしい、そういうことを願うだけですよね。

5歳ほど違うだけ、というのは「ほぼ同年代」ということになるかも・・・と
思うのですが、やっぱり僕らの「世代」も、健康について
色々考えさせられる時期にさしかかったのかなーと。

この前から仕事がいっぱいぱいで、3月とかは台湾にいっちゃうぞ☆
なんて甘えたこと思ってたんですが、それもムリポ。箱根もビミョウ。

体調は悪いところは特にないです。ムリしてる・・・というほど、ムリとかは
してないですし。

ただし、やっぱり疲れとかそういうのは溜まってるとは思うんですね。
キモチのリセットをしたいんです(しかも手っ取り早く)
最近、心のスタミナがなくて。

そういうこと考えてたら、友達の友達が鍼灸院始めたっていうんで、
最近LOVEフェロモン&SEXYモチベイションが激低してることも含め、
相談してこようかな、と。


今日はおそらく4ヶ月ぶりに仕事をほとんどしなくて、出かけた日でした。
こういうのってすごく必要なんだなー、と。
ダメだなぁ自分。
[PR]
by wake1 | 2007-03-04 03:44 | ゲイの目からみた世間

ディープなお遊びは御法度

ここ1週間ほど、ホントにバタバタしててブログを
見に来てませんでした・・・。
スイマセン。

黙って見ててくれる人がいるようなんですが、そういう人の10人に1人くらい?が、ハッテン場+ゲイという素敵なキーワードでご来場なさっております。

たんに801のお嬢さんなら別にいいんですけど、
リアルゲイ諸兄の場合は最近、とくにヤバイですよ、

H I V!

今からちょっと怖いお話をします(?)ので、
心を引き締めて欲しいんですよね・・・。

うちの友達のネット友達・・・って申告してるけど、
彼のセフレがHIV陽性どころか、発病しました

体調悪いってことで、病院で検査したら、
陽性とおりこして、すでに発病してたという(汗

彼の場合、最悪なのは
発病したっ!と気づくまでに、
ボコボコやられまくってたわけです。
まぁ時々はゴムつき、時々はナマだったのか、
ALL ナマ だったのか、

気に入った彼に愛されるためにナマを選んでたのか・・・

そこらへんは知りませぬがね。

HIVはごぞんじ、粘膜(てか、具体的には粘膜にできた傷口)と
精液・先走りふくむ体液のディープな接触によって、感染いたします。

♂♀のチョメより、♂♂のチョメは粘膜が、断然に傷つきやすいんで、
病気になる率も非常に高いようで。

いやさー、肛門なんて、元来、出すだけの場所でね。
そういう用途に「も」使えるってことを、かくも自然にやりすぎてると思うの、
最近の若い子と30代前半は!(w 

昔の人なんか、ニベアとかを潤滑剤にしてたらしいんですけど、
そんなんで上手くヤれるワケがない。

だから自然と回数は少なくなってた=安全性はある程度、高かった
んだけど。

最近は便利な潤滑剤が出てきたから、よけいに感染状況が
悪くなったと思うんだな。

ああいうグッチョリしたことを、そこら辺の他人とやるってことがどーよ、
という話。乱交乱倫のTPOまちがっちゃいねーか、と。

だいたいさー、相手がゴムつけてるっていっても、ゴムの先ッチョ切ってたり、
途中でポイッて抜き捨ててもおかしくないよね。
ただの他人なんだし。信用なんかできるかよ。

そもそも直腸グリグリなんか今後も平気でやりまくってて、
渡哲Xみたいに人工肛門とか、それから、直腸ガンにならないってほうが
おかしいとおもうぞー・・・。

気に入った彼に愛されるためにナマを選んでたのか・・・

ってことだけど、
それにしてもなんって愛という言葉はうすっぺらいものでしょう。

以下、嫌な話題はつづく
[PR]
by wake1 | 2007-02-02 20:36 | ゲイの目からみた世間

トグサの娘になりたい。

SSSみました。
スリーエス=競パンのサイズじゃありません。
こうかくのソリッド何とかです。

SAC2のラストあたりで義体と精神の不一致に悩んだと明言していたクゼさん。
けれど、もとから完全義体だったせよ、それでも「人間の体」という「制限」をすててしまったクゼさんには、まったく「人間らしさ」は消えてなくなっていました。
「やっぱりな・・・」と思いつつも、なんだか寂しいのです。
たぶんネットや技術の拡張で、「精神」の領域はこれまでよりもっと広がっていくと思うんですわ。
どのくらいのテリトリーまで人間は人間らしくいられるのであろうか。
そもそも人間という感覚自体が一種の幻想であることは事実なんだけど。


あたりまえの話ですが、トグパパに激萌えしました。
パパ万歳・・・!!!
また、いうまでもないことですが、パパの類と寝ると、何回目かのピロートークには子供の話する確率がたかいです。

b0037441_7431232.jpg


↓ キューン

b0037441_7432632.jpg



ちなみにさむげさんのツボっていうのは、↓のシーンの辺りですかねー?
よかったら分数で教えてw(例・1時間30分ごろ)

b0037441_7434247.jpg


↓ 「大事な話があるんだ」

b0037441_743589.jpg



今回は、トグサさんのパパぶりによこしまな萌えを発見するのと、あとはバトーさんと素子さんの関係を見て喜んじゃうのが正しい見方だと思います。
SSS自体はもうどうでもいいです

それにしても素子が女としての肉体を捨てようとしないのはなぜか、と思うんです。
ていうか素子とバトーの関係って、今の時点で、男女っていうよりゲイだと思うし。

アニメ版の素子さんには「女性」であること、また「でかい胸」とか「くびれた腰」とかそういうことすべては、もはやただの「記号」にしか過ぎないんでしょうか。
このあたりは、義体になることで生身の人間以上に女性であることを、全面的に楽しんでる原作の素子さんとはえらい違いです。ただし、僕は原作の素子さんはあまり好きにはなれません。なんか生くさすぎるのね。

素子さんとクゼさん(もはや人間ではなくて、違う領域に移行中w)の間に割り込もうとしてる、バトーさんがかわいそうでした・・・。勝ち目ないね。
[PR]
by wake1 | 2006-12-09 07:51 | ゲイの目からみた世間

結局、ほぼ1ヶ月臥せってたわけか・・・

仲間だと思ってたヤツの裏切りが発覚→心が撃沈→体調悪化→ひどい風邪・・・
という経過をとりました。
よくある話です。
その前からムリして準備してたのと、走るのがおもしろくて毎日数キロ走ってたり、筋トレしすぎてたりしたのも悪かった。

心のショックを、カラダの発熱が癒そうとしてるっていうやつですかね。
「少し前」程度の感覚だったけど、もう1ヶ月。
・・・まだ若干不調です。

1ヶ月近くもセックスしなかったのって・・・・・・まだ学生だった時以来かなぁ。
実はまだ本調子じゃないんです。
もう風邪の症状はほぼないけど、体力が回復してない。
昨日、遅刻しそうになって駅まで5分走ったら、それだけで劇場の中でしんどくなっちゃいました。

・・・ウォーキングからはじめよう。
[PR]
by wake1 | 2006-11-19 07:55 | ゲイの目からみた世間

ゲ ド 戦 記

b0037441_6512524.jpg


この絵はなんだ。この絵は。
この絵だけじゃないです。
魂がまるで入ってないです。

恐るべきかな、ゲ ド 戦 記。

これ、准ちゃん(仮)←マイ・ヤング・ブラザー が「ホントにひどいよー・・・」って珍しくメールしてきた作品なんですね。

てかホンモノの准ちゃんがアテレコしてますが。

自分はあんまり准ちゃん(仮)とは意見も趣味も合わないんですけど、今回ばかりは激しく一致しました・・・。

この作品、DVDはもう出ないんじゃないかと思いますの。
海外では出てるみたいですが。日本では出してはならぬと思いますの。
カイガイの日本映画フリークって、「オー!クレイジー」とか
思ってヘラヘラ笑いながらクロサワとかミゾグチとか、ナギサ・オーシマを見てるらしいスね。

たぶん彼らにとっては、この映画も電波ムービーのひとつとして受け取られてるだけなんでしょうけど、日本じゃどうなんでしょう。

わたくし、この作品を昨日パソコンで見ましたが、テルゥが”まことの名”を告げるところで龍がズシャーって飛んで、お日様サンサン状態になったとき、すべてをあきらめました。

それまでも99パーセントあきらめてたんですが、最後に何かみせてくれるかもしれない・・・!と思ってたわけです。
でもあのシーンにおいて、完璧にどーでもよくなりました。

それ以降は、むしろすがすがしい気分で、なにゆえキャスティングされたか
まったく意味不明な田中裕子のヘンなアテレコを聞いておりました。
すっごい老人のわりにはやたらと足腰が達者&大変に立派な骨格のクモさん……。


さて、こういう話をしてると、この作品を本気で擁護する人と出くわしました。
ミヤザキの御大よりも繊細だっていうわけです。

驚いた。
繊細とは・・・!
お前クモさんかよ。目玉あるのかよ! 


自分、ひねくれてるから、 げ ど の映画を肯定してる人たちって、ぜったいに電トゥ~とか、ジプリ関係者とか、この作品のよしあしに関係なく、これでご飯食べてかなきゃいけない人たちが差し向けた刺客だって思ってたんです・・・が、ホントに身近に実在してたとは。

むしろハートウォーミングな気分になりました。
ありがとう、ゴロー。
メディアの好評にわれわれは騙されてるだけじゃないんだ。
そして世界は生と負の不思議な均衡によってなりたっているんだね、ゲド!
[PR]
by wake1 | 2006-11-18 06:58 | ゲイの目からみた世間

僕の携帯電話

オレみたいに電話はかかってくるのが中心で(→人の金で長電話)、自分からはメールのやり取りしかしてない人は、ぜったいプリペを使うべきです。

この5月に旧・ボーダのプリペ携帯を新しくしたんですね。金が入るようにと黄色い携帯(ある程度は入ってきました)。見た目は普通の携帯っぽいから、こいつプリペなんか使ってルーってバカにされることもございません。

システムは、たしか1分ン十円の通話料がかかって、メールは1通5円。メールはいくら届いてもタダです。
ちなみに基本使用料は3000円の中にふくまれております。

メンテナンスとしては、自動引き落としはしてくれないので、約2ヶ月に1回、3000円をクレジットカード経由で追加しなければなりません。これがけっこう面倒なんですが、逆にいうとそれだけでOK。

一番の魅力は料金です。

見てください!

5月17日(?) 3000円追加
7月17日    3000円追加
9月15日    3000円追加

って投入してきて、なんと今日時点で
残高が8441円!

本日、料金追加してからはまだ使ってないので、
実質合計3回投入した9000円の使用可能額のうち、
4ヶ月かかって441円しかつかってないのですヨー。
なんと1ヶ月、140円の予想外割(もちろん基本料金込み)(?)です!!!

ちなみに本日11月14日、3000円追加しました。
これ、使用期限までに追加し忘れると、残高がゼロになっちゃうんです。
こういうのが怖いかな。

ちなみに自分の場合、携帯についてるカメラはもちろん、
写真を送ることもなければ、ウェブに携帯から接続することもマジでありません。

自分から電話するときって確かにほぼないなー。
今、電話してーって電話したことはある(-ー;)
[PR]
by wake1 | 2006-11-14 16:18 | ゲイの目からみた世間

おてんば日記について考える。

実はこのブログ、3年目に突入してるわけです。
自分でも感心するのは、ただひとつ。

これだけ世間の動きに何の影響もうけないブログって少ないってこと(w
さすがにトラバの意味くらいわかりましたが、TAGとかスキンとかまったく
意味不明のままで生きております。

ていうか、その以前に。

みんな時事的な話題を必然的にとりあげるわけですが、
うちはほとんど自分の色恋沙汰だけです。

しかも誰にも聞かれてないのに(笑

こういう点でも、当おてんば日記は現代の「とはずがたり」なのですね。

________________________________

風邪をひく→おなかがすく→元気になるために食べる

・・・を繰り返してたら、ものすごいグラマラスバディになりつつあります(汗

また頼んでもないのに胸をわしづかみにされてしまう……。
[PR]
by wake1 | 2006-11-09 20:32 | ゲイの目からみた世間

風邪。

かなりキツイ風邪でここ数日ダウンしてました(汗

これまたオトコ経由で伝染ったんです。
セフレとか高級なもんじゃありません。
ただの口マン奴隷経由なのが我ながら情けないです(;;)

あーやだやだ。風邪引いてる自分のことがイヤだー。

はやく元気になりたい。

慶応大学卒のエリートリーマンゲイに
食塩水で鼻や咽喉を洗うとよいと勧められて実践してます。

(やりすぎはぜったい粘膜にはよくないが、なかなかよく効く)

周囲のヲカマは健康に敏感なので、おれがやってるというと
みんなやりたがります。

でも塩分が足りてない水で鼻を洗うと、
プールで呼吸ミスしたときのようにウゲーとなるのを恐れてなかなか
具体的にチャレンジしやがりません。

「どういう濃さにすればいいの?」

って皆からいわれて病人のわたくしは困り果てました。

いつも適当に作るのですが、使う前に必ず味見してたことを思い出して
あの濃さにするにはどうしたらいいのか、と考えました。

「上品な店で出てくるスウプの塩からさ」って比喩しか最初でてきませんでした。

でも、ヲカマにはあんまりうまく伝わりません。
生理的食塩水ってもいまいちです。

カウパーの味

っていったら、全員、瞬時に理解しました。


もう少ししたら元気になるので、また遊びにきてください。
[PR]
by wake1 | 2006-11-08 04:13 | ゲイの目からみた世間

失恋

近況。

そろそろ新しいプロジェクトを考えなきゃいけなくなってきたので、
クリスティーナ・アギレラを聞きながら資料読み漁ってます。
仕事、仕事。
J-POPとか歌詞が気になるし、
クラシックは東京の晩夏と初秋には合わない……し、今の資料ともまったくあわない。
うどんにソースかけるようなモノ。

みなさんお気づきのとおり、おれは失くすほどの恋をしてません。
失くす前に冷却保存です。ラブさんは仕事がうまくいってないぽい。
おれの代わりに、絶対に「同類」のスベタ野郎だろうと思っていた知り合いが
文字通りの失恋してしまいました…。

別段そんなに親しくもないのだけれど、やはりホントに傷ついてるらしく、傍目にも痛みがつたわります。
何を言うかと思われるかもしれませんが、彼を見てると何が幸せなのかな、ということを思い知らされます。

ああいう時期自分にもあったのかなぁ。あったんだろうなぁ。いや、あった記憶がある。
[PR]
by wake1 | 2006-09-06 06:53 | ゲイの目からみた世間