excitemusic

遅咲き狂い咲き。乱れて咲いても花は花。そんなゲイ的日常
by wake1
ICELANDia
おてんば日記へようこそ。
当ブログは爛れたヲカマの性ライフと、日常がしれっと書き連ねてあります。ホントにそれだけなんです・・・・・・。

♂♀ジェンダーフリーです。コメント、LINKもお気軽に!!

メッセージは・・・・・・exciteのメールが機能してないので、「鍵コメ」に連絡先入れてくださるか、ネームカード経由で頂けると嬉しいデス。


カテゴリ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2008という年

もう、オレ、回顧モードなんで(w

もう思い出せないくらいだけど、1-6月、おれはホントにセックスから遠ざかってた。7月からは愛欲の嵐と不可能になってしまった愛を取り戻そうと泥仕合の日々。

1月は、名古屋からイラストレイターが来たり、それと会ったり、どうのこうの。仕事も忙しかった。

2月ー3月は、実業家と初めて出会った。
すごく雪が降った次の日、六本木で。その後2回ほど会えたのかな。。
この人のことはスキになれるって直感していた。
深夜のファミリーレストランで、彼の睫毛についたゴミを取ってやると、ハデな外見のくせに緊張して震えてたりするところが可愛くて。
あなたを見守る、東京に来る、彼の言葉がとても眩しかった。

4月は、医者に誘われて舞踏会に出た。王子様には会えなかった・・・けど、いろんな知り合いが出来た。恋愛未遂だったけど、おれのことを失恋から救ってくれたデザイナとか、仲間と出会う。


4月末~5月は大きな仕事で一杯だった。
6月、にせたまきと出会う。第一印象はとても平凡か、それ以下
7月、一生懸命なにせたまきと「間違って」セックス。しかし高飛車な態度をとりつづける。

8月、にせたまきのことを愛している自分に気づくが、その時、すでにおそかった。
微妙になってしまった関係をなんとか取り戻そうと、空回り。一方で彼は仕事で気力・体力とも疲弊。溜め込みやすい彼をどんどん追い詰め、爆発させてしまった。
自己嫌悪と不安の中で、最低の誕生日を迎える。

9月はどん底。9月8日、たまきと別れる。26日連続で毎日、1人になると泣き続ける。まったく仕事もなにも出来ない。何も作る気がしない。作れるとも思わない。

そのくせ、夏にした仕事などの評価がどんどん定まって、オレには色んなオファーがくる。
仕事の中で、なんとか立ち直る。明治神宮に通い始める。写経はじめる。
自分さがしをはじめる。

10月、なんとか笑顔が戻る。キャラが激変したと驚かれる。
走り続けることで、自分に価値がないという妄想をふりはらおうとしていた。
泣かない日が増えた。
写経、般若心経の研究続ける。
Kたんと出会い、心が回復していく。たまきに連絡するべきか悩む。
やたらと色んなハイステイタスなメンズと出会うが、ピンとこない。
仕事復活。

11月、たまき誕生日の前後から、不思議な出来事が起きて、電話を決意。
Kたんと友好的に関係解消。
たまきとの電話では、サヨナラではなく、「じゃ、また」と言えた。
その後、迷ったが、ボロボロになっているらしい、たまきにメールを送りはじめる。自分の中でヘンな意識は消える。

超好条件のドクターはじめ、何人かのスペシャルな人々と矢継ぎ早に出会うが・・・・・・。

仏前で手を合わせ、所信表明した次の日、一族の要だった「叔父様」が逝去していたと連絡あり、衝撃をうける。アラサーにして、自分に課された使命を意識しはじめる。

実業家が、身辺から消える。

12月、いろんなことに疲れを感じ始める。仕事は好調らしい。

今、何が欲しいのか、今、何を求めていいのか分からない。

それこそパンドラのハコから全部飛び出して、残されたのは「希望」だけ。


・・・・みたいな感じ。

今年はもう両手では数え切れない位のメンズにほほえみかけられ、スキだという変なオーラを飛ばされ、その全部にうまく答えることができなかった。
[PR]
by wake1 | 2008-12-02 04:42 | 2008年12月
<< 偶然 目先をかえて >>