excitemusic

遅咲き狂い咲き。乱れて咲いても花は花。そんなゲイ的日常
by wake1
ICELANDia
おてんば日記へようこそ。
当ブログは爛れたヲカマの性ライフと、日常がしれっと書き連ねてあります。ホントにそれだけなんです・・・・・・。

♂♀ジェンダーフリーです。コメント、LINKもお気軽に!!

メッセージは・・・・・・exciteのメールが機能してないので、「鍵コメ」に連絡先入れてくださるか、ネームカード経由で頂けると嬉しいデス。


カテゴリ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


たぶん好きで気が合うヒト

たまきんと別れてから、2ヶ月弱。

いつのまにか・・・っていうか、

おれのことを、好きな人はありがたいことにたくさんいる。

おれと気があう人もたくさんいる。

でも、おれがたぶん好きで、なおかつ気があう人って、ほんとに少ない。

そんな中、おれはKたんっていう人と仲を深めてってます
彼は、大学の後輩。当時はまったくしらなかったけど。
彼に対する感情は、たまきんに対する感情とはまったく異質なんだけど、Kたんは・・・・・・たぶんおれにとって大事な人なんかな、とも思うようになってきました。


だからこそ、そんなKたんみたいな人の前では、
この2ヶ月かけて培ってきた
新生・おてむばを見せないといけない・・・・・・んだけど
実際どうなんだろう。

そういうオレをちゃんと出せてるんだろうか

非常に疑問です





Kたんといると、すごく楽しいというか自然なんですな。
でも、たまきんに対して色々話してたのと、まるで同じ「態度」を
繰り返してるような気がして、ときどき怖くなります

Kたんといる時間は、いっつもニコニコしてるはず。
なんだか話がとぎれないわけです
ずっと話したり、笑ったり
こづきあったり、そういうことしかなくて、
たぶんオレ、またペラペラ早口でしゃべってるのかなー
とか
冗談のエッヂがきつくなってるかなーーーとか
ちゃんと相手の話って聴けてるんかな、とかも
思うんだけど、
どうも頭で考えてるコトに、ココロがついてかないっていうか。

それがオレの素で、オレの素を受け入れてくれる人を
探せっていうのが真実なんかもしれんけど、なんか怖いんですわ

一緒にいて、たまきんも笑顔が絶えなかったわけだし。

今日は、パーリーに出る前のKたんと晩ご飯たべたり
腐女子があつまるマニヤな場所をデートしてきました(w

BLマンガの表紙を見ながら
「どっちがウケだとおもう?」とか語り合うおれとKたんのツーショットが
乙女たちのヲカズになりますように

うそです

※Kたん、ビジュアル的には小柄ながら髭+坊主+筋肉という典型的な中野のお嬢様なのに、家にはBLマンガとかBL小説が山のように・・・・・・


一瞬だけど、今日は冗談めかして手つないだりしてしまった。

「・・・シンガポールだとこういうのって捕まるんだよね?」
「しかも、茨のムチで打たれて滅茶苦茶イタイらしいけど、マニアはソレに、はまるらしいーです」

とか。

すくなくともオレは、Kたんに対して、たまきんにたいして感じてたような、「執着」ってもんがあんまり、ない。

たぶん、好きではあるんだろうけど、なんか、ひょうひょうとしてる・・・・・・これって、なんなんだろう。

逆に、Kたんはオレのことどう思ってるんだろう。

おれ、それは、なんとなく分かるんだけど。
[PR]
by wake1 | 2008-10-26 02:31 | 恋愛
<< 接点 愛は唾液のように >>