excitemusic

遅咲き狂い咲き。乱れて咲いても花は花。そんなゲイ的日常
by wake1
ICELANDia
おてんば日記へようこそ。
当ブログは爛れたヲカマの性ライフと、日常がしれっと書き連ねてあります。ホントにそれだけなんです・・・・・・。

♂♀ジェンダーフリーです。コメント、LINKもお気軽に!!

メッセージは・・・・・・exciteのメールが機能してないので、「鍵コメ」に連絡先入れてくださるか、ネームカード経由で頂けると嬉しいデス。


カテゴリ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


連絡なし

彼がオレのこと高飛車ってた理由がわかりました

あんまり眠れてなくて、なんか
夢のなかにおばーちゃんが出てきて
なんか言いたそうにしてるんだけど

その顔をみて、目がさめました

これまで完璧にいってると思ってたことを
スキャンすることにしてみました。

そしたら・・・

他の人に対してではなくて、彼自身に対して、
たぶん一番、高飛車。

傷つきたくなかったから?
恋を有利にすすめたかったから?

本当は想い想われることが一番大事だったんじゃないのか。

そういうことこそ、受け入れてあげるってことなんじゃないのか。

励ましのメールとか、おかしいはなしをして笑わせてあげるとか
料理練習してみるとか

いかに下らないことしか気づいてなかったか

何をやっても上手くきまってしまう
相性のよさにずっと甘えきってました






彼が控えめな態度だけど、ほんとに望んでることを

何となくイヤとか大した理由もないのに

チャレンジもせず断ったりしてた。

そんなのイヤだよーとか。

嫌われるのを恐れてる彼に冗談めかしてにせよ
好き・嫌いをハッキリ出して言ってしまったり

これまで上手くいってるハズだとおもってたことが

彼のすごいやさしさに、オレが甘えてばかりで

すこしずつ彼を傷つけてたんだってことが「わかって」

与えたいとおもいながらも、すこしずつ彼からうばってて

昨日までとまったく違う自分がしてきたことに、ようやく気づきました

一番近い所にいたとおもってたのに

気づいたら昨日とはぜんぜん違う種類の涙が流れてました

忘れてることって、オレの無神経さに対して
許しを求めることだったんだ。

返信なくても

直接に会っていう
言葉だと、オレがたかぶって
泣いたりして
また、なーなーになって、
本当のきもちだけは、
うまくつたえられないと思うから
メールしました

いつもなら放り出してたところです

「嫌いになれればどれだけいいだろうと思う」

ブロークバックマウンテンじゃないにせよ

彼のほうがそう思ってたのかな

なのにおれを求めてくれていた

神さま

彼をオレから奪わないでください

こういう罰ならいくらでも受けます

どうか未来があるってことだけは奪わないでください
[PR]
by wake1 | 2008-08-29 17:44 | 恋愛
<< やや拍子抜け えらいことに >>