excitemusic

遅咲き狂い咲き。乱れて咲いても花は花。そんなゲイ的日常
by wake1
ICELANDia
おてんば日記へようこそ。
当ブログは爛れたヲカマの性ライフと、日常がしれっと書き連ねてあります。ホントにそれだけなんです・・・・・・。

♂♀ジェンダーフリーです。コメント、LINKもお気軽に!!

メッセージは・・・・・・exciteのメールが機能してないので、「鍵コメ」に連絡先入れてくださるか、ネームカード経由で頂けると嬉しいデス。


カテゴリ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


毛ジラミとの死闘(2)

毛じらみのおかげか、いつもよりHit数が少なかった昨日…。とりあえず、いつのまにやら1000HITしてました。御礼をかねて、シラミについて語り続けます! 誰も望んでないのですが、真実を世に! ペンはチンコより硬し!


シャンプーをしたら、とりあえずしばらくは痒みが収まりました。ただし、陰毛をいじれば、「・」みたいなモノが指の腹には、数個こびりついたり、スミスリン付属の専用櫛で梳けば、あいかわらず、卵が。シャンプーは卵にも一部効く…と聞いてたとおり、半分くらいの卵はつぶしてもプチとはいわないんですが、残りのものには、効いていなかったようでした。これが、殺した虫が残していったものか、今現在も生まれ続けたものなのか。それがわからないので、苦しいわけです。

結局、一時間ごとに、痒くなるたびに、櫛で陰毛ブラッシング。取れたり、取れなかったり。そういうのを繰り返しました。しかし、またしばらくすると別のカユみが。

例のシャンプーが、効きすぎたみたいで、カユいんです。しかし、前も痒かったので、ここでやめていいやらどうやら。

しかし、孵化してから卵を産むようになるまでは、少々時間があるらしく、もう増えないと仮定して、卵からかえるのを待ち構え、数日ごとにシャンプーするわけ。痒みがとれれば、もうしなくてOKという効能書きでしたが、結局、4回、必要だといってたモデルケースと同じことになりました。
薬品による痒みが去ったあとは、やっと通常通り。毛、そらなくてよかった。

見た目からハードゲイになっちゃうとこでしたよ。

以上、しょっぱい私の経験です。役に立てて見てくだされ。
移っても移さない、これ基本ですぜ。
[PR]
by wake1 | 2004-10-25 03:33 | ライフスタイル
<< イケメンは骨格から。 毛じらみとの死闘(1) >>