excitemusic

遅咲き狂い咲き。乱れて咲いても花は花。そんなゲイ的日常
by wake1
ICELANDia
おてんば日記へようこそ。
当ブログは爛れたヲカマの性ライフと、日常がしれっと書き連ねてあります。ホントにそれだけなんです・・・・・・。

♂♀ジェンダーフリーです。コメント、LINKもお気軽に!!

メッセージは・・・・・・exciteのメールが機能してないので、「鍵コメ」に連絡先入れてくださるか、ネームカード経由で頂けると嬉しいデス。


カテゴリ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


トグサの娘になりたい。

SSSみました。
スリーエス=競パンのサイズじゃありません。
こうかくのソリッド何とかです。

SAC2のラストあたりで義体と精神の不一致に悩んだと明言していたクゼさん。
けれど、もとから完全義体だったせよ、それでも「人間の体」という「制限」をすててしまったクゼさんには、まったく「人間らしさ」は消えてなくなっていました。
「やっぱりな・・・」と思いつつも、なんだか寂しいのです。
たぶんネットや技術の拡張で、「精神」の領域はこれまでよりもっと広がっていくと思うんですわ。
どのくらいのテリトリーまで人間は人間らしくいられるのであろうか。
そもそも人間という感覚自体が一種の幻想であることは事実なんだけど。


あたりまえの話ですが、トグパパに激萌えしました。
パパ万歳・・・!!!
また、いうまでもないことですが、パパの類と寝ると、何回目かのピロートークには子供の話する確率がたかいです。

b0037441_7431232.jpg


↓ キューン

b0037441_7432632.jpg



ちなみにさむげさんのツボっていうのは、↓のシーンの辺りですかねー?
よかったら分数で教えてw(例・1時間30分ごろ)

b0037441_7434247.jpg


↓ 「大事な話があるんだ」

b0037441_743589.jpg



今回は、トグサさんのパパぶりによこしまな萌えを発見するのと、あとはバトーさんと素子さんの関係を見て喜んじゃうのが正しい見方だと思います。
SSS自体はもうどうでもいいです

それにしても素子が女としての肉体を捨てようとしないのはなぜか、と思うんです。
ていうか素子とバトーの関係って、今の時点で、男女っていうよりゲイだと思うし。

アニメ版の素子さんには「女性」であること、また「でかい胸」とか「くびれた腰」とかそういうことすべては、もはやただの「記号」にしか過ぎないんでしょうか。
このあたりは、義体になることで生身の人間以上に女性であることを、全面的に楽しんでる原作の素子さんとはえらい違いです。ただし、僕は原作の素子さんはあまり好きにはなれません。なんか生くさすぎるのね。

素子さんとクゼさん(もはや人間ではなくて、違う領域に移行中w)の間に割り込もうとしてる、バトーさんがかわいそうでした・・・。勝ち目ないね。
[PR]
by wake1 | 2006-12-09 07:51 | ゲイの目からみた世間
<< メリー 肩凝りをなんとかする方法 >>