excitemusic

遅咲き狂い咲き。乱れて咲いても花は花。そんなゲイ的日常
by wake1
ICELANDia
おてんば日記へようこそ。
当ブログは爛れたヲカマの性ライフと、日常がしれっと書き連ねてあります。ホントにそれだけなんです・・・・・・。

♂♀ジェンダーフリーです。コメント、LINKもお気軽に!!

メッセージは・・・・・・exciteのメールが機能してないので、「鍵コメ」に連絡先入れてくださるか、ネームカード経由で頂けると嬉しいデス。


カテゴリ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


おてんばの根源

今朝気づいたのですが、おてんば日記の正式表記は、おてむば日記のほうがいいみたいですよ?
だって、おてむばってオランダ語らしいから。


「ontembaar [形]ならしにくい,御しがたい; 不屈の

(『講談社オランダ語辞典』(講談社、1994)より)」

マジかよー!

しかも
「テンバ娘、オテンバ者とは今云う詞なれど、古き俗語なれば、俳諧に遣ってもよかるべし」井上・近藤『増補俚言集覧』1899」
というお墨付きまで頂きました。


しかし、


おてんば【御転婆】

つつしみやはじらいに乏しく、活発に動きまわること←そのとおりです。
また、そのさま。特に、そういう女性をいう。おきゃん。動詞形は、おてつく。 


用例:

「エエ、面倒な。親にまで恥をかかせるお転婆(テンバ)め」 *人情本・春色辰巳園(1833‐

「まあ、女がこんなお転婆(テンバ)をいたしまして、川へ落こちたら何うしませう」 *吾輩は猫である(1905-06)〈夏目漱石〉


・・・なんだか自分が叱られてるようでイタイです。


___________________________

昔、仕事仲間だった女子がメールしてきました。
会いたいとのこと。留守電まで入ってるじゃないか。

正直いって最近忙しいし、ちょっと会うのはめんどくさいかなーと思ってたんですね。
だって相手、女、だし。
ノンケの美男だったら、下心があるから会うんだけどな。弱ってるノンケ男って最高に美味いし。

や、やめてください。僕ホントに嫌なんです。
だから、も、もう・・・

とかいうんだよー(w ←経験あり

膿を出したらラクになるとかいってガバーです。ガバー。
でもその後はかならずタチらせますんで、覚悟しておいてください。


でもね、明日くらいに「お腹がここ数日ずっと痛いが、きつい締め切りがある」ことにして断ろうと思ってたんですけど、行動を読まれたのか彼女、今日メールしてきたんです。

最近結婚して問題を抱えてるらしい。離婚も考えてるらしい。仕事のために外国に行こうかということも構想してるらしい。

これはナニを放っても会って、友人として話を聞いてあげなければ、と思いました。

ナニがいいたいのかというと、僕は友情に篤くてカッコイイ、ただそれだけなんです。
[PR]
by wake1 | 2006-10-18 04:08 | 教養
<< 裏切りとその後 暴走。 >>