excitemusic

遅咲き狂い咲き。乱れて咲いても花は花。そんなゲイ的日常
by wake1
ICELANDia
おてんば日記へようこそ。
当ブログは爛れたヲカマの性ライフと、日常がしれっと書き連ねてあります。ホントにそれだけなんです・・・・・・。

♂♀ジェンダーフリーです。コメント、LINKもお気軽に!!

メッセージは・・・・・・exciteのメールが機能してないので、「鍵コメ」に連絡先入れてくださるか、ネームカード経由で頂けると嬉しいデス。


カテゴリ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


我輩はネコである。

ケツってどーゆー感覚か、と常々思ってきた。
入れられるのじゃなくて、入れるのは、ってヤツである。
この前、ひそかに童貞を10分の1くらい捨ててきた。
ずっとウケでしたが、ケツってどーゆーモノか知りたいからリードして、入れさせてくださいっていう、むちゃくちゃな投稿内容だったにもかかわらず、モノのデカさに惹かれたのか、ぶいぶいメールが。だいたい、よほど好条件でも家から遠いところの人は絶対に選ばないし、返事もしないのだが、そこそこのところで、身長は低いけど「イイ感じっぽい!」とカンが教えてくれる人とヤることになった。

待ち合わせ場所は以前、ライオンズマンション在住の、デブ気味リーマン(指マンだけお上手)の家に向かうときにつかった目印。5分遅れで到着。木造のアパートだが、悪くない感じで、中身もなかなかこぎれいに。そもそも布団しいて、薄暗くして、フジの深夜テレビかけてるのも上級…。22歳とかなのにすごいなぁ、と。ただし、音は上が筒抜けだから、どうやら下から上も筒抜けらしい…ということで、かなり「しのび愛」。

相手は下着までおしゃれしてくれてたのに、自分はけっこー、本命でない相手とやるときのだらしなさ全開でちょっと恥ずかしかった。ともかく、デカさに惹かれた彼。そこそこニキビあとが残っているが男っぽい風貌で、悪くはない、と思う。造作・・・うんぬんではなく、雰囲気でいうと…うじきつよしを虎っぽくした感じ(なんだそりゃ)。

ともかく、フェラしていいですか?っていう彼の口の温度がとても高くて、それでなんか感じてちっちゃい声で喘いでしまった。その後、器用に僕がもってきたゴムをはめると、その上からもフェラ。ほぐしておきました、というケツを広げながら、せいいっぱい乗かってきてくれた。問題はローションが彼の家になかったこと。ほぼ瓶の中に残ってなくて、あーダメだぁ・・・みたいな。

いちおう挿入はしたものの、案の定動かしにくい。けっこうキツキツ。中は微妙なやわらかさの肉でぎうーっと締め付けるような感じ。それで、口と同じでけっこう熱いんだわ。

ただ動かそうとしてみても、なんかぎこちないし、んーんーんー?と思ううちにシボんでしまった…。彼もデカいのを無理やり入れたので、キツかったらしいー。彼もきついけど、自分もけっこうキツキツだった。
けっこうビミョーだったが、彼は僕の萎えを、自分のせいに。
うん、男脳だ。ありがたい。

ごめんなさい、いきたいですよね、という彼に今度は責められて、あーん、いっちゃうよぉ、といつもどおりのパターンで絶頂…。彼も、さすがに「バリネコだけじゃないんで」、うまくて「イクとこみせてくださいよ」みたいな感じの攻めにグラグラきてしまった…。

年下と意識してするのって、たぶん、はじめてなんだけど、ちょっとハマっちゃうかな。付き合いたいとは思わないんだけど(笑 イッちゃった後もしつこく亀頭をクジられて、これまた、も、漏れちゃう!な感覚。責めてるほうが、彼もなんか楽しそうだった…。

それにしても、まだまだ童貞な私。童貞SO~ヤング。
しっかし、そういう日って来るのかしら。
どう考えても、自分はネコだと思った。それも「バリネコ」。ケツはかなり感じるけど、挿入大嫌いのバリネコ。まぁ、とりあえず、かわいさと、デカチンが通じる限りは化けネコでもいいからやりとおそう、と思う…。

誰がどういおうと処女は好きな相手にささげたのが誇りですが、あんま、「前」の純潔に対してはそういう思い込みはなかったな。んでも明らかにキモ親父とかはヤだとか思ったが。

すきでもない相手を責めるときは、ぜんぜん勃起さえ、しないんだよな。彼なんか、しゃぶらせてたら、いつのまにかシマシマのセミビキニの前、角立ちさせてたんだよな。自分の場合は、義務、みたいな感じしかない。そもそもしゃぶりたくならない。彼のも触ってあげたが、やっぱそれによる勃起ってない。

これって、プロのM男の晴海と同じだよな・・・と思いながら自転車を漕いで戻った。び、微妙。ヤだけど、どうしようもないな…。
[PR]
by wake1 | 2004-10-04 02:43 | お宅訪問系。
<< 会えない男。 お風呂のOH様。 >>