excitemusic

遅咲き狂い咲き。乱れて咲いても花は花。そんなゲイ的日常
by wake1
ICELANDia
おてんば日記へようこそ。
当ブログは爛れたヲカマの性ライフと、日常がしれっと書き連ねてあります。ホントにそれだけなんです・・・・・・。

♂♀ジェンダーフリーです。コメント、LINKもお気軽に!!

メッセージは・・・・・・exciteのメールが機能してないので、「鍵コメ」に連絡先入れてくださるか、ネームカード経由で頂けると嬉しいデス。


カテゴリ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ホリエモソ退治だそうです。

今日は歌舞伎座に母親のご相伴で出かけたわけですが、東銀座のキオスクにでかでかとホリエ崩壊、ホリエモン退治のあおり文句がありました。スポーツ新聞の例の狼煙でございます。やっぱりマスコミにとって、ホリエモンは化け物なのでございます。

帰宅すると、acoyoさんのブログの記事とそこにコメントを述べておられる方々の色々ぶりを見ていて、あーと思いました。というわけで、えー、広い意味でのギョーカイ人としてヒトコト述べたいと思います。

しかし、まず言っておきたいのは、自分はホリエモンのことを、ほかのみな様のようには、よく存じ上げてません。フジ(と呼ぶ)についても同様です。あと、これを書いてるのは上司や部下を選べる人間で、生活者としてはたぶん生きられてない人間です。タワ言としてお受けとめください。

別に怒る人は無いと思いますが、自分が述べることは、次のとおりです。これ以上でも以下でも感慨がございません。

・ホリエのしてることは、法律の抜け道を利用して、かろうじて合法的なだけで、実質的、結果的には、フジという企業のブランド色を塗り替え、崩壊させんとする悪しきテロである。

・先人が何年もかけてきずきあげたブランド色は、企業文化であれ、悪しき側面もよい側面も持つ。しかし、それでも、会社の存在理由である大事なものだ。
それゆえに、ホリエが塗り替えようとしていることは、企業にとってはテロそのものである。

・ホリエが、現在の放送に疑問を感じるのなら、新しい局を創りだしたのであればよかった。賛同はしただろう。けれど、いかなる理由があったにせよ、いちおう経営として成り立ち、しかも現役で動いているテレビ局(など)へ、望まれてもないのに勝手に入り込んだり、乗っ取ろうとしたり、塗り替えようとするのは言語道断。

・それを支持するのは、陸軍が中国に勝手に入って言ったのに日の丸振ってるのと同じくらい愚かしいことですよ。

・ホリエが経営者になり、金も出せば口を出しても、彼の色彩だけではなく、複数の人の色彩で染まっていくことだろう。しかし、エンタティナーとしてのホリエの会社の実力は、実利的である以外の価値を(少なくても、)オレ自身に対してはもたない。

・タモリと違って自分は貧乏だが、しかし、あの会社の色彩とは合わないだろう、というのはギョウカイ人として分かる。だからそんな所で仕事などしたくない、とかそういう気持ちはよく分かる。マスコミは人のココロを扱うところ。タレントと会社の間もまたココロで結ばれていなければ、何事も動かないのはわかっているはずだ。そうして、自分が(今まで以上に)人形にさせられて作った番組は、ほんとうに誠意のあるタレントなら、視聴者に流しうるものだろうか?

・ホリエモソのテロを拒絶することが、それのどこがリスナーの無視につながるのか。タレントなど、どうせ雇われ者。いくら大物とは言え、自分の身を危険にさらしながらも、リスナーへ訴えようとしているのがなぜ、分からないのだろうか?

・さらにホリエびいきの人に対しては、本当にアナタたちは目が見えて、耳が聞こえているのか、と聞きたい。


以上ですよ。
ということで、あえて繰り返しますが、ホリエモソのやってることは、結局、どうあがいてもブランドの侵害だと思います。テレビはNHK以外どれも似たり寄ったりですが、たとえば、同じマスコミでも、エロ本作りの会社から、ハイソなファッション誌の会社にいたるまで、それぞれのカラーを誇示しています。テレビも実はかなり、こういう感じです。フジテレビももちろん、そうです。TBSとは違うでしょう?

こうした、フジのイメージやカラーが脅かされるということは、ヴィトンから例のダイアグラムが、永遠に消えるのと同じ危機なのです。シャネルのCCマークが無くなるのと同じなんですよ。

ホリエモンの会社が、前に自分の使っていたフリーのサイトのスペースを乗っ取った時、最初は個性を尊重するとかなんとか言っちゃってたくせに、やっぱり、ポップアツプのアドはすぐに停止され、たぶん、利益効率が高いのでしょうな、あのセンスの悪い、広告魂ギラギラの埋め込みバナーが入っちゃったページになってしまいました。自分はその時点から予測できたので、内容をほかのサーバーに全部移転しました。金も出せば口も出して、利益効率の車輪をぐるぐる回そうというあの人の下では、結局、「月9」なんて今のままではとうてい無くなるだろうし、フジの時代劇なんかも、もっと違ったものになるでしょう。

月9はくだらないですが、それでも、復帰第一作として月9を所望し、キムタクに蹴られるあばずれ女優がおりましたのは記憶にあたらしゅうございます。あれはブランドとしての価値なのです。マスコミの商品としての価値のひとつはもちろん、実利、そしてイメージ。この二つがあります。後者は一日では出来上がることはありません。

たぶん、実利を目した本しか売れないように、ほぼ、ノンフィクションに切り替わるのかもしれませんが、それだと新しい俳優や女優はどこで、どう育つのでしょう。そこまで誰も切り替えるなんて言ってないですけど、そんなの、あの人ならやりかねないことだと思うのです。自分は、あの人には不信感マンマンです。もうすこし、スマートで知的な人ならもう少し世論も違うのでは、という意見をどこぞで見ましたが、確かにそのとおり。
あいつは胡散臭すぎる。着ている服が嫌いだ。表情の作り方も嫌い。
やり口も嫌い。テレビにでて、公明正大と自分の正義を釈明しろ。

自分が経営者で利益を目指すのであれば、似たようなことは考えたかもしれないが、実際にあいつのやってるのを見るとウンザリする。あれでは彼は盗人というか、テロリストです。もうすこしほかにやり方もあるだろう。

調子に乗って言いますが、彼を支持している人というのは、たぶん、自分より給料が高かったり、社会的地位が高そうで、子供の私立受験に有利な父母である、フジの社員をうらやみ、嫌悪しているだけなんではないですかね。
お前らばっかりラクさせないぞ、と。
週刊誌が、公務員とか官僚に噛み付くのと同じ理由ですね。

まぁ、ご存知でしょうが、テレビは24時間仕事です。残業が多くて多くて多くて、家に週1,2回しか帰れない女子がたくさんいる世界ですよ。そんなこんなで給料が高いっていうだけなんです。ギョーカイのオレがスタッフになって手伝ってくれませんか~といわれてる部署の正規社員は、なんとン万倍の倍率を潜り抜けてきた人ばっかだったりします。

そういうのが生理的にイヤなんでしょう。なんとなくですが、うらやましくて、うとましいのでしょう?大衆とは隔絶されたエリート批判のおつもりなんでしょうが、隔絶されてる、と感じてるのは多分違うと思いますよ。義憤とかいってるけど、けっきょく生理的に「エライ人」がイヤなんでしょう。

でも、そういうエライ彼らの人生って高いハードルの連続で、しかも、ほぼ報われないんですよ。
自分の胸になんか穴ぼこが空いても、それに言い訳ができる人しか、入れない世界だと思います。試験に落ちた人は、本当は幸せだったのかもしれないです。

フジもライブドアもメクソハナクソとどこかに書いてありましたが、まぁ、実際そのとおりで、フジの番組のスタイルが完全だとは、まったく言いません。だからこそ、ホリエモンが乗っ取り/塗り替えをたくらむのではなく、もうひとつの民放を創るんであれば、積極的に関心を示せたと思います。

テレビをはじめ、マスコミを作りあげるのは一人ではありません。
ホリエモンが主導権を握ったところで、彼の色彩がすべてを覆い尽くすことはないでしょう。しかし、複数の人間で構成されてるライブドアなり楽天なりの色彩を(利用してますが)オレは好きになれていません。あそことはあんまり仕事したくない。自分はタモリと違って貧乏ですが、それくらいのことは思います。

そう思わせる会社なのです。人を見下げたようなエンタメしか作れないあの会社を好かない。こっちの世界で仕事している人なら、ある種の危機感は感じられるはずです。あんな会社が入るのなら、フジはもう無くなったほうがいい。そう思います。

じゃー孫(ソン)ならどうか、という話ですが、ソンはもっと知りませんので、なんとも申し上げられません。ソンもビジュアルが嫌いですが。しかし、ほかならぬホリエが今、やってることは、革命でもなんでもないし、ただの盗人行為であることは事実ですよ。フジが持ち返したとはいえ、ちゃんとがんばって、もうこういうことが起きないように、まず内容をしっかりさせることですね。
やっぱ、視聴者の意見がズレて伝わっている、ということはどこに言ってもいえることですな。モードとか化粧品の会社でも同じ。テレビ局、出版社でも同じ。こっちが、いくら正しいこといっても、向こうが理解したくないと思えば、結局、何も変わらない。

気に入らないのであれば、具体的な難点を、放送部や出版社に電話やメールとかより、ハガキや封書の形で、送ってください。案外ちゃんと見てますよ。怒ったりはしません。凹むみたいだけど。

にちゃんねるに書いたり、ブログに書いても、製作陣は結構見てないです。ホリエに加担して自分も正義の味方のひとりとか思うのはおやめになってください。


以上、うんこがにおわない男より。
[PR]
by wake1 | 2005-03-26 02:18 | ゲイの目からみた世間
<< ゲイな父親に子供ができて、そ... 性教育を問う。 >>