excitemusic

遅咲き狂い咲き。乱れて咲いても花は花。そんなゲイ的日常
by wake1
ICELANDia
おてんば日記へようこそ。
当ブログは爛れたヲカマの性ライフと、日常がしれっと書き連ねてあります。ホントにそれだけなんです・・・・・・。

♂♀ジェンダーフリーです。コメント、LINKもお気軽に!!

メッセージは・・・・・・exciteのメールが機能してないので、「鍵コメ」に連絡先入れてくださるか、ネームカード経由で頂けると嬉しいデス。


カテゴリ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


正しいソースです。

昨日風呂あがりにお話したことの正しい事実が、やっと確認できたので、遅れましたが貼っておきます。刑法的には殺人罪ではなく、傷害致死罪なのだそうです。



脱法ドラッグで中毒死=使用させた男逮捕-傷害致死罪を適用・茨城県警(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050118-00000524-jij-soci)

 茨城県三和町のホテルで昨年7月、法律で規制されていない「脱法ドラッグ」を多量に使用した地方公務員の男性=当時(29)=が中毒死する事件があり、境署は18日、男性に薬物を使用させた同県常陸大宮市山方の無職中島則男容疑者(36)を傷害致死の疑いで逮捕した。中島容疑者は「使用は合意の上だった。死ぬとは思わなかった」と供述している。
 使用された脱法ドラッグは幻覚作用がある「5-Meo-DIPT」を成分とする薬物。通常の使用量は10ミリグラム程度とされるが、他の脱法ドラッグ同様、限度量や致死量ははっきりしない。しかし、同署は中島容疑者がインターネットで購入する際、危険性を認識していたと判断。「故意に適量を大きく超えて使用した」として傷害致死罪を適用した。

でした。

昨日、去年起きていた事件に対して、茨城県警が「傷害致死罪」を適用したのですね。

ちなみに、「傷害致死罪(205条) 」とは…

「殺人について故意がないが、暴行か傷害について故意がありその結果死なせた場合に成立する結果的加重犯」です。「3年以上の有期懲役」とネットで調べると書いてありました。ただし、世間的には「殺人者」であることは変わらない。さらに、ここにゲイ内から、あるいは、ゲイ以外の世間様からの「ゲイバッシング」とかが加わるのは間違いない……ことです。あとイヤなのは、ゲイを普通の男性刑務所に入れるのは適当なのか、とかそういうことかも、気になることはあります。ゲイ用刑務所作れって? それって間違いなくお仲間の共生組織になっちゃうからダメっ。
[PR]
by wake1 | 2005-01-20 01:21 | ゲイの目からみた世間
<< たのしいアリス 脱法ドラッグで人が死んだ事件。 >>