excitemusic

遅咲き狂い咲き。乱れて咲いても花は花。そんなゲイ的日常
by wake1
ICELANDia
おてんば日記へようこそ。
当ブログは爛れたヲカマの性ライフと、日常がしれっと書き連ねてあります。ホントにそれだけなんです・・・・・・。

♂♀ジェンダーフリーです。コメント、LINKもお気軽に!!

メッセージは・・・・・・exciteのメールが機能してないので、「鍵コメ」に連絡先入れてくださるか、ネームカード経由で頂けると嬉しいデス。


カテゴリ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


わかったこと

この前、かなり年齢差ある、年上の友人からポロッといわれて
その通りだなぁ・・・って思った言葉。

エリートは自分が誰よりも一番、好き。

ってこと。

彼らと付き合うってことは、彼らの自己愛を満足させるために
他者がいるにすぎないってこと。

実際仕事は大変だろうし、プライヴェートを圧迫してるのは
間違いないわけで。

で、自分は昔から、自分が自慢できる要素を伸ばすことで
より条件のいい人を捜そうとしてきた。

たとえば仕事をがんばってみる、とか、筋トレしてみます、とか。
髪型とかオシャレをカッコよく(ゲー受けもするようにする)、とか。

でも、条件のいい人=エリートではない、ということなんだよねー。

やっぱ自己愛で全て動いてる人ってのは、タカがしれてるわー。

カセキュンなんかホントに自己愛しかない人だもん。
つか、いまだに会いたいメールくるんですけど(汗)

空気読まない。行動は全て自分の意思と願望で行うし、
周囲もそれに応えると思ってる。

「仕事が忙しかったから」って理由で、大幅遅刻なり、寝坊も
ぜんぶ「ごめんねー」で済むと思ってる。
この前別の人にもそれやったらしい。

済むと思ってるでしょ?っていったら
絶対
思ってない!
って即答されるだろうけど。

エリートさんも多かれ少なかれ、そういうところはあるなぁ。

彼らの精神構造はすごくよくわかる

オレもそういうところ、あったから。

でも、今は違うってハッキリ言える。

結局、他人を誰も信じられてないのね、彼らは。

つか、そういう種類の人としか
ラブっぽい関係になれてないオレは、
つまり、そういうヤツらと同質ってこと

なんだよね。

ガーン

ラブはあなた自信の姿を写す鏡だからなー


つぅことで、まったく先が読めません(ww

ごめんなさい
[PR]
by wake1 | 2009-07-13 06:16
<< あたまうち エバー >>