excitemusic

遅咲き狂い咲き。乱れて咲いても花は花。そんなゲイ的日常
by wake1
ICELANDia
おてんば日記へようこそ。
当ブログは爛れたヲカマの性ライフと、日常がしれっと書き連ねてあります。ホントにそれだけなんです・・・・・・。

♂♀ジェンダーフリーです。コメント、LINKもお気軽に!!

メッセージは・・・・・・exciteのメールが機能してないので、「鍵コメ」に連絡先入れてくださるか、ネームカード経由で頂けると嬉しいデス。


カテゴリ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


パラドクス


この前の合コンとかであった話をヒトにちょっとしたら
「・・・けっきょく、”オレはモテる”って言いたいの?」
って言われたけど、目からウロコでした

ほんとはその反対なのにー(汗


まぁ、このブログを始めたころ、オレは自分にもっと
自信がなくて
モテてる、ヒトに必要とされてるかも・・・ってことを
書くことで、自信をつけたかったんですね。

今はどうだろう。

何もかもが飽和状態なんだよねー

ぶっちゃけ、もう飽きちゃった。








でも、今回ばかりはちーとちがうんですよ

1ヶ月に1回位オレが陥る生理現象だと思って・・・ほしくはないんだが。

飽きたってことは、次の段階に入ろうとしてる、ってことじゃね?
良く考えたら。

つーか、ぶっちゃけ、この前さつぱりモテなかったw
某テン場でのモテってのは

オレにとって一つの目標だったわけです。

一般的にいって

ゲイのモテとは短髪・筋肉とか、単純にありますが、
実際の年齢よりも若く見られる表情、肌、旅行だったりグルメだったり、そういう贅沢な経験がそこはかとなーく匂ってくる時があるんですな

それ、裸なんですよ。

裸になっても、オシャレなオーラが出てるヤツっているじゃないですか。
そのテン場はそういうメンズが集う場所なわけです。

シャレメンは服がヨロイ。
だから裸になると、意外と腹が出てたり、臭ったりでカッコわるい。

マッチョって基本的に服着るとダサイ。

裸になってもカッコイイ、オシャレとさえ思えるオトコ。
そのテンバでは、そういうやつが最高にモテてるなって思ってて。

おれはそういう外見が目標なんですね(今、よーやくその道を歩き始めたて感じだけど)

オレは自分の個性にそういう要素をプラスすることをここ1年半くらい
続けてて、たまきんと哀しいことになってからは、しゃべり方だの歩き方だのも
考えてたわけだけど、その結果として、そのテン場で、
こんなカッチョいいヒトから! お声が!! みたいなコトもよく起こるようになってたんです。

・・・この前は久々にダメだったから落ちたけど。

でも、結局そうなったからといって、恋愛相手としてのイイ男には出会えなかった。

うすうす、そうなるかもってことは、わかってたんですけどもね。

で、おれ、昨日に気づいたわけですよ


昔、高校時代だったか、古典の副読本に地獄に堕ちた女の話が
書いてあって。

それを思いだした。


オトコから愛されすぎた女がいました。

で、それゆえに彼女は地獄に堕ちたそうです。

好かれたから、地獄に堕ちる??

ヒトをスキになることはたぶん良いことで、もちろん褒められたこと。

でも好かれることは罰をうけるくらいに悪いことなの?

なんで?って昔は思ったけど、今はなんとなくわかる。

好かれてもたいてい、その人を好きになることはできないよね。
ヒト様にしていることは、大抵、そのまま自分にかえってくる。
あまりにヒトを拒絶したその女は世間から拒絶され、
そして地獄に堕ちました、という論理さー

おれが結局うまくいかないのは、出会いを「求めてる」からなんじゃないか。
スキでもない誰かと会ってるからじゃないか。

っておもった。

それですり減ってるってイミわからんよな。

23日の出歩き(デートと相手は思ってるくさいから)、キャンセルしました。


もう、血眼になって探すのも、やめました。

何となく好きな程度のヒトにヒトに無意味に好かれるってことは、オレをいっそうダメにするような気がしてなりません。

なんとなくスキな相手にはなんとなくしかスキになられないんだと思います。

つーかそういう無理矢理つくった出会いって・・・いつも虚しいものでした。

友だちが言ってくれました

「結ばれる時がくれば自然とお互いが手繰り寄せて結ばれていくのかな」

ホント、まさに、そうなんじゃないですか。

いつもそうだったし。なんで忘れてたんだろ

ポジティブに言えば、そういうかんじ。

まー正直いうと相当つかれてます。
つかれてはいます。が、希望を失いはしません。
色んなことに対して。
でもムリすることは、正直、もうこれ以上はムリっすー(なんやそれw

「元気ないのね」って言われた。

でも元気なくなったからこそ、新しい生命力みたいなんを補充もできるのか、な、と。

違ってたらごめんw

今年は、まぁ、色々あって、ちゃんと生きようって
正しいイミで自覚できたところがあります。
料理の勉強もしはじめたし、掃除も毎日ちゃんとするし、
ちゃんと家や母や弟をひっぱっていく人間にならなきゃっていう自覚もできました
仏壇の管理や菩提寺との連絡もオレが母にかわってやるようになったし。

経済的には自分だけでは豊かな暮らしってのには
まだまだかもしれないけど、
社会人としての自覚もできあがったし、
たぶん仕事にも前向きです

でも、やっぱオレは・・・どう足掻いても満足できる状態には
心身ともにない。


ほんとは、

もう、あきらめた

・・・って大声で言いたいけど、

なんか「おまえらしくもない」っていわれるのがイヤで
言えなくて

もう探さないことにしたっていったら

自然に構えてるほうがいいって逝ってくれるヒトもいた・

・・・そだよね。自然に構えるんだよね

テキトウにふらふらして、ちゃんと考えて、時々ハッテソして(w
自分の立ち位置を確認しつつ・・・・・・

欲をためず、せめて、すがすがしく生きていこうかな、と。


あ、ハッテソって愛じゃないんで大丈夫です
業深くない
[PR]
by wake1 | 2008-12-23 01:52 | 2008年12月
<< 嗚呼、バリネコ兄貴 冬至は玉砕の日 >>